Close

ログイン

Close

会員登録

Close

パスワードを忘れた

あのいわく付きファミコン『ハッカージュニア』を分解したらこんなものが出てきた…!

ハッカージュニア。
それは1980年代中盤にハッカーインターナショナルという会社によって改造されたファミコンの名前。
ビデオ出力や高速連射など純正ファミコンにはない数々の便利な機能が実装されたが、作られた数はわずか585台。
販売開始数カ月後には任天堂から警告を受け、その後、商標権の侵害や不正競争に当たるとして訴えられ裁判沙汰に。
今回はそんないわくつきの珍品・ハッカージュニアを分解し、その構造、機能を見ていきたいと思う。
果たしてどのような改造が施されていたのか。

Related Articles